【ビーフストロガノフ】のレシピ・作り方 ブラジル料理風

我が家では、ストロガノフをよく作ります。日本のカレーのような存在で、ブラジルの人も良く好んで食べます。

うちの家族もみんな大好きで、しかもとても簡単に出来るので、疲れてあまり手の込んだ料理は作りたくない時や、週末のお出かけ帰りの夕食などに、
ササッとできて、その割に手抜きには思われない料理でもあるかな(?)と思います。

ストロガノフは、牛肉や鶏肉で作るのが多いですが、今回は、ビーフのストガノフの作り方をご紹介したいと思います。

【ビーフストロガノフ】

≪ 材 料 ≫ (4人分)

牛肉——————300~400g    
ニンニク————–2~3片
玉ねぎ中————–1個
トマト缶—————1缶(240g)
生クリーム————1パック
サラダ油—————大さじ1~2
塩———————小さじ1~2
コンソメ—————2つ
ローリエ(月桂樹の葉)–2~3枚
水———————材料がかぶる程度

≪ 下 準 備 ≫

・玉ねぎは、皮をむき縦半分に切り、横にして5mm幅ぐらいにカットしておきます。

・ニンニクは、皮をむいてみじん切りしておきます

・牛肉は、細長くカットしておきます。

≪作り方≫

1.フライパンにサラダ油を入れ熱し、ニンニクと塩を加え香りが出るまで炒めます。

2.次に、玉ねぎを入れ炒めて、牛肉も入れて炒めます。

3.肉に少し火が通ったら、トマト缶と水、ローリエの葉を加えて中火で煮、煮立ったら火を弱火にしてしばらく煮込みます。

4.具に火が通り柔らかく煮えたら、火を止めて生クリームを加えます。


以上で、出来上がり! とっても簡単です^^

 

【 油 ご 飯 】

≪ 下 準 備 ≫

・米は洗って、しばらく水につけておく。

≪ 材 料 ≫
米———————3合
塩———————小さじ1~11/2ぐらい
サラダ油—————適当に(大さじ1ぐらい?)

≪ 作 り 方 ≫

1.炊飯器に米と水を入れ、塩と油を入れかき混ぜておきます。

2.スイッチを入れて、普通に炊きます。

しおかげんは各家庭で加減して、お好みに合う塩加減にしてください。

【 サ ラ ダ 】

≪ 材 料 ≫
レタス—————–1/2個分
キュウリ—————1本
トマト—————–1個

<ドレッシング>
塩———————小さじ1
レモン汁—————大さじ1
オリーブ油————-大さじ2
オレガノ—————少々

≪ 作 り 方 ≫

1.野菜は洗い、水をよく切り、適当な大きさに切ります。

2.器に野菜を盛りつけます。

3.ドレッシングの材料をよく混ぜて、食べる直前にかけていていただきます。

【 ま と め 】

ブラジル料理のビーフストロガノフは、手間はあまりかかりません。よく本で見るストロガノフとかは、小麦粉を肉にまぶして炒めたり、小麦粉でルーを作ったりと少し面倒ですが、このやり方だと、気軽にスープ感覚で作れるのではないのかなと思います。

ご飯は、本当は油でニンニクを炒め、米を炒めてからたくのですが、手間なので我が家ではこの方法になりました。ご飯に油が絡まりパラパラのご飯に仕上がります。ブラジル料理の時には、油ご飯にしたほうが、ご飯とおかずがよく絡んでおいしくなります。

今回は、ブラジル料理風のビーフストロガノフのレシピと作り方のご紹介でした。簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です